公益財団法人復康会

文字サイズ変更

ホーム > 法人概要 > 理事長挨拶

理事長挨拶

公益財団法人復康会 理事長 石田 多嘉子

平成24年4月1日、我々の法人は、公益財団法人 復康会としての第一歩を歩み始めました。
 大正15年に創立以来、長い年月にわたり財団法人として様々な公的役割を担い、地域の医療と福祉に貢献してきたことが評価され、今回の公益財団法人認定に至ったと考えております。
 「愛・信頼・貢献」を基本理念として運営してきた我々の事業の根幹は、精神・神経疾患等を抱えた人々に良質の医療提供はもちろんのこと、社会参加支援事業においても地域で中核的な役割を担っていくということにあります。
 法人の職員が一丸となって、静岡県精神科救急の基幹病院機能を推進し、脳血管疾患等の回復期リハビリテーションを担い、地域社会で生活する利用者を全人的に支援しています。また医療に従事する人々を教育・育成していくこともわが法人の大切な役目だと考えています。
 現在復康会は、700人余の職員を擁し、以下に述べる4つのグループに分かれ、事業を展開しています。

法人本部
法人本部は本部機能と社会復帰事業部に分かれ、法人の運営と利用者の社会生活を支援する多彩な事業を運営しています。
沼津中央病院グループ
沼津中央病院グループは、県東部の精神科救急基幹病院として日夜努力していることはもちろん、医療の質管理という先進的な領域への取り組みや児童精神科診療もしています。
鷹岡病院グループ
鷹岡病院グループは、、富士圏域の精神科救急基幹病院であるとともに、認知症の学会専門医を擁し、認知症治療や専門医の養成もしています。
沼津リハビリテーション病院グループ
沼津リハビリテーション病院グループは、脳神経疾患等の回復期リハビリテーション病院として専門的に機能し、神経難病の診断・治療に大きな役割を果たしています。

これからも各グループがそれぞれ特徴を生かしながら、互いに連携し、切磋琢磨しながら更により良い医療を目指していきます。そして様々な公的役割を担い、その責務を果たすことにより公益法人として社会に貢献していきます。
 今後ともご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。
公益財団法人復康会 理事長 石田多嘉子

このページの先頭へ